白内障 目薬 副作用

目薬で副作用?ほんとなの?

スポンサーリンク

普段みなさんは目薬を使用することがあると思います。
とくにホコリが多い場所やデスクワークの方ですと、目の乾燥や目のホコリと取り除いたり、
また目の疲れなどいろいろと目薬を多用することがあると思います。
薬のなかでも目薬というのは普段の生活の中でもなじみが深いものかもしれません。
しかし、そんな目薬でも使い方を間違えることで副作用をもたらすことがあります。
今回は、そんな生活でなじみの深い目薬の副作用について説明をしたいと思います。
目薬自体には副作用があるの?って考える方もいらっしゃると思います。
普段から簡単に手に入れることもできるし、使い方も簡単なのでそんな疑問を持つ方もいるかもしれません。
目薬は飲み薬に比べて副作用というのはすくないのですが、副作用がまったくないということではありません。
市販の目薬におおいのですが、防腐剤による副作用があります。
このふくさようなのですが、目の周辺にかゆみが発生したり、赤くなったりただれてしまったりとアレルギーを持っている方ですと症状が出やすいかもしれません。
続いてが、目の充血が起きることがあります。

スポンサーリンク

目の疲れ目、充血を取るために、目薬をさす方もいらっしゃいますが、それが逆効果の場合もあります。
これは目薬の成分に入っている血管を拡張させる成分が原因二っています。
続いてが、白内障の手術後に処方される目薬でもある「ステイロイド」になるのですが、
このステロイドというのは、目の炎症を抑える為のものなのですが、効果が非常に高くまた強い効き目をもっています。
ステロイド目薬というのは、市販の目薬に比べても効き目が段違いにつよいものです。そのため副作用というのも強く出てくる場合があります。
本来ですと、術後の炎症を抑えるために使うので期間もさほど長期間使用することがないので、副作用がおきることはありません。
このステロイドですが、炎症を抑えてくれる働きがある半面として、眼圧を上昇させてしまうという事があります。
これが原因で急性緑内障を発症してしまうこともありえます。
そのため術後には定期的に眼圧を測定することで、目薬の使用に関して調整を行う必要が出てくることがあります。
またステロイドは細菌などを抑える効果も持ち合わせています。
ありがたい働きではあるのですが、これは目に入った細菌を倒す体の菌の行動まで抑えてしまうことがあります。
そのため、目のなかで細菌が増加してしまい感染症にかかることもあります。

スポンサーリンク