白内障 術後 痛み

白内障 術後 痛みの原因とは?

スポンサーリンク

白内障の手術というのは、医療手術のなかでももっとも定リスクと言われるくらい安全な手術です。
この手術自体も十数分ほどで終わるくらいのものであり体にも負担が非常にすくないです。
また白内障の手術では、局部麻酔をおこなうことで、痛み自体はまず感じることがありません。
今回は、術後の目の痛みに付いて説明をしたいと思います。
白内障の手術は上記に記載していますが、痛みがありません。
また術後というもの基本時には痛みが発生することがないと言われています。
では痛みがあった場合に考えられることはどういったものがあるのでしょうか?
術後の痛みで考えられることは、目の炎症や、細菌による感染症の可能性が一番濃厚だと思います。
もちろん、手術後にはこのような炎症を抑える為に、抗炎症剤や滅菌を行う為の目薬を処方されます。
しかし、この処方された目薬をしようしても、症状の改善が見込まれない場合というのは、他の原因があると考えられます。

スポンサーリンク

特に、糖尿病を持病でお持ちの方の場合ですと、糖尿病による網膜症が起こっている可能性が高まります。
またアトピーをお持ちの方ですと、網膜剥離といった事がおこることがあります。
これはアトピーをお持ちのかた全員に該当するわけではないのですが、リスクが上がることがあります。
上記の糖尿病やアトピーをもっている方の場合ですと、日帰り手術よりも、入院を選択して、術後の経過を監察したほうが無難だと思います。
術後に目薬を使用していても痛みが治まらないというかたですと、何かしらの原因で目に炎症などをお越していることが考えられますので、その場合には早期に病院で診察を行なってみてください。
他にも痛み意外にも白内障の手術を受けた際には、出血がおこるのですが、特に勘違いを起こしやすいのが、出血と充血です。
目をご自分で確認してみて、出血ではなく、充血だった場合というのは他の病気を併発している可能性が考えられるため、その場合には痛み同様に早期に病院で診察をうけるようにしてください。

スポンサーリンク