白内障 目薬 市販薬

白内障に効果のある目薬はあるのか!?

スポンサーリンク

白内障の症状である水晶体の濁り、老化現象や紫外線、ストレス、生活習慣といった様々なものが原因になって起きる病気です。
主な治療方法というのは、白内障の水晶体を眼内レンズに取り替えるというのが、一番の治療法になるのですが、記事をご覧の方には手術以外の治療法はないのか!?と考えている方も多いと思います。
そこで今回は白内障に効果がある目薬について説明をしていきます。
まず市販薬で効果が見込まれる目薬ですが、、、市販薬に関して白内障に効果があるという目薬はありません!
これは白内障というのは、ウイルス、細菌が原因で起こる病気ではないからです。
主な原因というのはやはり老化現象ということです。

スポンサーリンク

では病院で処方される目薬で、白内障に効果があるものにはどういったものがあるのでしょうか?
軽度の白内障や初期段階の方、現時点で私生活に影響が出ていない方ですと、グルタチオン、ピレノキシンといったもので治療を行います。
しかしながら、この目薬は実際には「治療をする」という表現ではないんです。
どういうことかというのと、これはあくまで白内障の症状を遅らせる、抑えることの出来る目薬と言うことです。
この目薬を点眼することで、目の濁りがだんだんと透明になる!という効果はありません。
日本では許可が降りてはないのですが、海外ではCAN-C、クララスティルという目薬があります。
この目薬自体は日本では使用されてはいないので、実際に白内障に効果があったということは正直、実証できていません。
しかし、海外で使用されている国があると言うことは何かしらの効果があるのかもしれません。
色々と白内障の目薬に関して記載はしましたが、今のところ薬を使用して白内障を完治させるというものは存在していません。
あくまで目薬を使用しても、効果は抑えることが限界になります。
これはやはりこの白内障の一番の原因が老化現象ということにつながっています。
美容などでアンチエイジングと言う言葉がありますが、いくら肌を若く保とうとしても赤ちゃんや子供の肌にはかないません。
これと同じように、目もある程度は症状を食い止める事が出来たとしてもやはり老化現象を止めることが出来ないのと同じことなんです。

スポンサーリンク