白内障 手術後 飛蚊症

白内障の術後の飛蚊症はなぜ起きるのか?

スポンサーリンク

皆さん飛蚊症という病気をご存知でしょうか?
この病気は名前の通り、視野に虫が飛んでいるように見える病気なのですが、今回は
この白内障の手術と飛蚊症に関して説明をしたいと思います。
白内障の原因というのは、眼球内の水晶体レンズの濁りになります。
白内障の手術をすることで、この水晶体を外し、かわりに眼内レンズにいれます。
これにより、濁りをなくして視野をクリアにするのですが、今までは濁りにより目のなかに取り入れられる光というのが限られていました、濁りを取ることで目全体で光を取り入れることになります。
この手術のあとにはいろいろと症状が出てきますが、今回の題名でもあります。
飛蚊症も術後に見えてくることがあります。
特に視界がクリアになった状態で目の周りに何か飛んでいるように見えるのは不快な気持ちになるかもしれません。

スポンサーリンク

この原因というのは白内障の原因であった水晶体の後ろ側に硝子体というもがあります。
こちらは本来ですと、透明な液体なのですが、年齢を重ねることで、この液体がにごり始めてきます。
飛蚊症というのは、この硝子体の濁りを映し出すことで表れます。
これは白内障の手術によって、問題が起きたわけでないのです。
今までは、水晶体自体が濁っていたため気づきにくい状態だったのですが、水晶体のレンズを交換したことで、そのうしろにある硝子体の濁りが目立ち始めたと言うことです。
この症状自体は、白内障の手術の後比較的早時期に感じること多いです。
この硝子体の濁りを取り除くという手術も存在するのですが、目に対する負担が大きく、飛蚊症の症状がよほどのものでは無い限りは手術すると言うことはありません。
皆さんせっかく、クリアな視界を手にしたと思っていたところに飛蚊症ですから、実際に手術を受けた方からこの飛蚊症に関しての意見というのは多いようです。
この濁りというのは年齢や、生活習慣で変わってくるものですので、日頃から目の栄養となる成分を摂取して、目の病気の予防を行うことが大事になってきます。

スポンサーリンク