白内障 術後 視力低下

白内障の術後に視力低下を感じます。

スポンサーリンク

白内障の手術をして視力が回復すると思ったらいまいち良く見えないとか期待したよりも全然視力が良くならないと思っている方がいるかと思います。
今回は白内障の手術後の視力の低下に付いて説明をしていきたいと思います。
まずはじめにこの白内障の手術ですが、この手術のメインの内容というのはやはり目の濁りになります。
この手術は当然ですが、レーシック手術のように視力を回復させるための手術ではないので期待にそった視力回復をするといったことは起きません。
また手術後に視界がはっきり見えるようになった方もいらっしゃるかもしれませんが、手術後というのは、涙が出やすかったり、出血や炎症の関係があるので、2週間程は視力というのが安定しないと言うことがあります。
また糖尿病のような合併症をお持ちの方ですと、元々の糖尿の影響からか視力が下がってくることがありますので、こちらに関しては糖尿病にかんするお医者さんに相談してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

白内障の手術と言うのは目を切開してその中に眼内レンズを入れるのですがこの手術を行う前に眼内レンズの度数を予測して作成するのですが、このレンズの度数が合わないということも原因として考えられます。
もともと、この手術は視力回復がメインではないので、裸眼で視力をよくするというわけではありません。
そのためメガネなどを使用して視力の調整をしてはっきりと見える状態に持っていくというのが通常の流れになります。
他の原因としては「後発性白内障」の疑いも考えられます。
これは白内障の手術を受けた方だれもが持っているリスクなのですが、手術後にまた目に濁りが出てきてしまい再度白内障のような症状がでるものです。
たいていの方ですと、普段の生活に支障が出るということはあまりないのですが、ごく稀にこの症状が強くでる方がいらっしゃいます。
もしも術後にだんだんと視力が低下していくようでしたら、担当医の方に相談をしてみて、他に眼の病気に感染している疑いがないかということで調べていただいたほうがいいと思います。

スポンサーリンク