白内障 術後 目薬

術後の目薬いつまで使うの?

スポンサーリンク

白内障の手術が終わると、目ぐすりを処方されます。
普通に考えれば、風邪等でも薬が処方されるのは同然のことなのですが、この目薬ですがいつまで使用してなんのために使用しなければいけないのか?
意外とこのことに疑問を持っている方がいらっしゃるので今回は、白内障の目薬に関して説明をしていきたいと思います。
この目薬の期間というのは病院によってまちまち違います。
早いところですと、1か月ぐらいで使用をしなくていいよという声をもらえるようですが、
長い場合ですと、半年くらい使用をづつけることがあります。
結構、病院によって差があるのですが、大体が1か月から3か月位が平均的な点眼期間になるようです。
またこの期間というのは決められた回数でしっかりと目薬を使用するようにしてください。
よくあるはなしなのですが、自分のなかで、もう特に違和感とかもなくなったし、もう必要はないだろうと言うことで、使用を中止してしまうケース。こういったケースは多いかもしれません。

スポンサーリンク

白内障の手術後というのは、目の充血や、異物感や涙が出やすい、目の乾きかすみといった症状が出ることが多いので、しっかりと目薬をおこなうのですが、だいたい症状が落ち着いてくる2週間位けいかしてからめんどくがるようになり、使用をやめてしまう。
白内障手術後というのは、他の目の病気のかかると大変なことになることもありますし、目炎症を起こるのを防ぐためにも、目薬をしようするというのは大事になってきます。
だいたい、使用される目薬ですが、細菌などからの感染症を防ぐための抗菌剤、炎症が起こるのを防ぐ為のステロイド系の抗炎症剤と非ステロイド炎症在になると思います。
この3種類を決められた回数を1日に点眼します。
対して時間は掛からないのですが、そこは人間だんだんと面倒に感じてきてしまいます。
そういった気持ちもわからなくはないのですが、数か月は自分の目を大事にすると思って継続してみてください。
そして、数か月しようしたら、病院でいつまで点眼を続けるのかと言うことを訪ねてみるといいと思います。

スポンサーリンク