白内障 原因 ヨーグルト

ヨーグルトで白内障になるって本当!?

スポンサーリンク

白内障に関していろいろと記事を書いていきたいと思いますが、今回はちょっと信じられないような方も出てくるかもしれませんが、ヨーグルトと白内障の関係に付いて説明をしていきたいと思います。
結論を先に言ってしまいますと、ヨーグルトの摂取量の多い人は白内障になりやすいと言われている!!といこうとです。
では理由を含めて説明をしていきたいと思います。
みなさんも、普段のなかで牛乳屋、ヨーグルトと言った乳製品を食されていると思います。
ではなぜ乳製品が白内障に関わってくるのでしょうか?
人間というのは、乳製品を摂取してもほとんどの方がカルシウムを摂取できないという事実があります。
そして、乳製品によって白内障の他にも、心臓病やパーキンソン病といった原因にもなっていると言われています。

スポンサーリンク

もともと人間というのは乳製品を分解する酵素を体に持っています。
例えば、赤ちゃんはある程度成長するまでは母乳を飲んで成長しますよね?
この乳製品を分解するための酵素をラクトース酵素と言うのですが、
このラクトース酵素は成長と共に必要がなくなってくるために、体からなくなっていきます。
この酵素というのは世界を見ても30%くらいの方しか大人になっても機能はしていないようです。
とくにアジア圏内の人等のはこの酵素が働いていない方がほとんどを占めているようです。
ではなぜ乳製品を摂取すると白内障になるのか?
これは、乳製品の主成分である乳糖と言うのは、ヨーグルトのように加工をされると、グルコース、ガラクトースというものに別れます。
しかし、分解酵素を持っていない人はこのガラクトースと言うものを分解することができます。
そして、この成分が目に蓄積することになるのですが、これによって白内障が進行するということになります。
しかしながら、ヨーグルトの摂取でも白内障を予防する手立てがあるのですが、それは目をほとんどを作っているといってもいいくらいのルテインという栄養素です。
こちらとビタミンCを摂取することで白内障の予防をすることができます。
またこの2つの栄養素を取ることで、白内障だけではなく、目に関わる病気等を予防する効果があると言われています。

スポンサーリンク