白内障 手術 失敗例

白内障手術の不安な一面

スポンサーリンク

白内障の手術等のは医療の手術のなかでも最も安全な手術と言われているほど低リスクになっています。
しかしながら安全といいつつもやはり手術とうことなのでリスクというものが付いてきます。
今回は白内障の手術を行うことでどのような失敗例があるのかといことでご紹介をしていきたいと思います。
まずは出血です。これは手術中に発生するもので、目の奥からいきなり出血を起こすことがあります。
この出血が始まると、切った角膜部から眼球の中身がほとんど出てしまい、失明に陥るケースもあります。
しかしながら、この出血というのは起きること自体がそう数はなく、執刀医の方のほとんどが経験したことがないというような例になっています。
続いてが、レンズが入らないと言うことがありえます。
白内障の手術では水晶体の中身を取り除き、水晶体を包み込んでいる袋(水晶体嚢)を残して手術を行います。
そして水晶体を取り出して、人口レンズを袋のなかにいれ込むのですが、この水晶体嚢が破れてしまうことでレンズがなかに入らないということがあります。

スポンサーリンク

その場合には、水晶体嚢のほきょうを行なったり、メンテをして、また再手術を行う処置が取られます。
またレンズがどうしても袋に入らないと言う場合にはコンタクトもしくはメガネを使用するといったことになります。
続いて角膜の損傷です。
白内障の手術では水晶体を取り除く際には角膜を切ります。
普通のばあいですと、だんだんと自然に治っていくのですが、水晶体が固くなりすぎていて角膜の傷が大きい場合ですと、自然に治るといったことが難しくなります。
この場合には、角膜に歪が起きてしまい乱視が発生したり、症状がひどい方ですと、角膜移植を行うことがありえます。
最後に感染症のリスクですが、手術により目の中に細菌が入り込んでしまい、目が膿んでしまうことがあります。
膿の量が多いばあいですと、手術を行い膿みをすべて書き出す必要があります。
またこの症状を手術してもどこまで目が回復するかということはわかりません。
上記がだいたいの事例になるのですが、あくまで一部の例ですので、こちらで恐怖や不安を煽っているわけではありません。
比較的に安全な手術なので不安にならずに手術をおこなってください。

スポンサーリンク