後発性白内障 手術 費用

後発性白内障の手術はどれくらいかかるの?

スポンサーリンク

白内障の手術を受けてしばらくたったころ、小説やテレビ、パソコンを使用していたら、ちかごろ文字が見えづらくなってきた。
はたまた、街を歩いていると物が見えづらくなってきた。と感じることがあるかもしれません。
年をとったせいで視力が落ちたかな?もしくは、白内障の手術を受けたことが原因で視力に影響がでたのかな?と考えているかたもいるかもしれません。
しかしこれは後発性の白内障の疑いがあるかもしれません!!
他の記事でも書いてあるのですが、白内障の手術を行なってから、数か月から長い方ですと数年が経過してから、また白内障と同じように視界がかすんで見えるような症状が現ることがあります。
このこと後発性白内障というのですが、この後発性白内障等は白内障の手術を受けた方の100人に2人くらいの方に起こると言われています。
この後発性白内障の主な治療にかんしてはレーザー治療を行うのですが、早い方ですとものの数分から10分でたいていの方の手術は終わります。

スポンサーリンク

非常に安全な手術なので、視力が低下するというリスクはありません。
このレーザー治療に関して簡単に説明をしますと、濁りがある膜の部分にレーザーを使って穴を開ける手術になります。
膜自体には神経というものがありませんので痛み自体はありません。
感じるとしたら、眩しいと感じることがあるくらいです。
じっさいのところ、白内障の手術を受けた方のほとんどの方にはこの後発性白内障というのがおきていますが、
視力自体に影響を与えなことがほとんどで進行自体も起きない方がおおいので、症状自体が強く出る方は稀なケースかもしれません。
こちらの治療費に関してなのですが、病院により多少の差がありますが、日帰りの手術がメインになっていて大体が5000円から1万円程度(保険で3割負担の場合)ですみます。
この治療の後というのはすぐに普段の生活をおくれるのですが、視力が落ち着くまでに時間がかかることがあります。
また視界の違和感もおおむね1か月くらいで治るようです。
このレーザー治療を行うと後発性の白内障に再度かかるリスクとうのはありません。

スポンサーリンク