白内障 原因 ストレス

ストレスで白内障になる!?

スポンサーリンク

白内障による症状というのは大抵が中年から高齢の方に割合が多く発症をしているのですが、
若い方でも白内障にかかる方がおおくいらっしゃいます。
白内障とうのは原因自体はまだ解明されていないので、実際に要因となるものがどういったものなのか完全には分かっていません。
今回は若い方でも発症する白内障「若年性白内障」について要因と原因と共に説明を行いたいと思っています。
主に多いと考えられるのが、若い方ですと運動不足の方の増加、また喫煙や会社勤めのかたに多い過労、また並行して同じくストレスにより生活習慣が乱れて「ルテイン」という物質の吸収が出来ていないことが原因だと考えられます。
このステインですが、体内に入るとこの栄養素のほとんどは目に行くほど重要な部分をになっていて、視力低下や目の病気の予防など目にかんして欠かせないものです。

スポンサーリンク

また特にストレスというのが、目にも多く影響を与えると考えられています。
今は、病気のほとんどがストレスが原因と言われている時代になっていますが、目であってもこれは同じようです。
これは、ひとつの例なのですが、いままで普通の家庭と同じように暮らしていたA三という方がいたのですが、ある日突然、急に視力が低下するということがおきました。
また目のカスミや視野がぼやけるといった症状も現れるようになったという話なのですが、
このころAさん(40代)の家庭というのは、うまく行っておらず1日中、重度のストレスに圧迫されるような環境であったようです。
Aさんの症状というのは、白内障の手術と環境が改善されたことで症状自体はほぼ以前のような生活と同じような状態まで回復したいという例があります。
こちらですが、ルテインの吸収力が低下したのがひとつの原因であると共に、ストレスにより、体のホルモンバランスまで異常をきたしたことで起きたと考えられます。
このように、小さなことがだんだんと積みかなさることで大きな病気になることというのはおおいです。
ですので自分自身でのストレスの解消方法というを作る必要があります。

スポンサーリンク