白内障 症状 見え方 色

白内障の人の視界では色はどう見えるの?

スポンサーリンク

白内障の方というのは濁りにより視界の見え方が変わります。
これはこの白内障の症状になって人しかわからないことなのですが、白内障の症状が出た場合に一体どのような見え方になるのか今回は説明をしていきたいと思います。
この見え方に関しても症状の個人差により大きく変わってはきますが、おおよそどのように世界がみえているのかに関して説明します。
まず目に濁りがでるのですが、この濁りが1部分のみの方と、全体が濁っているというのでも差が出てきます。
まず、視野自体は光を通す部分が減少するために霞がかかったようにぼやけてきています。
そして青系波長の短い光が濁った状態の水晶体を通らなくなり、網膜に到達する光が赤や黄系の色だけになって、全体に黄色がかったような色になってきます。
クリアな視界を持つ方に簡単に説明を行うのであれば、夕方の夕日が差し込んだような赤や黄色の状態が常に視界の色として見るというのがわかりやすいかもしれません。

スポンサーリンク

この病気の怖いところと言うのが、この色の見え方が少しづつ症状として出てくることなんです。
ですのでこの黄色がかったと言うのを自分自身で理解するというのは症状がかなり経過してから気づくことがほとんどになります。
そして、この夕方のような色合いの世界になって初めて目の病気にかかっていると気づきます。
この夕方の色の世界を経験したかたと言うのは手術をして、クリアな視界を手に入れた際に一番多く言われるのが、視界が青くなっているということをおっしゃる方が多いです。
これは長年、黄色のフィルターで覆われた世界にいたためにその世界に慣れたということで、いきなりフィルターがとれ青の光を通すことが可能なったためにそう感じます。
この世界が青く見えるという発言からも白内障の症状というのは赤や黄色の目立ちなおかつ視界がぼやけた状態であると言える事だと思います。
人間というのは色の見え方で感じ方も変わってきますので、症状を感じたら早期に治療をしてクリアな世界で、色合いを楽しむようにしたいですね。

スポンサーリンク